a b o u t

 s i n c e 1 9 9 9……


{ SCRUMPCIOUS : スクランプシャス }

中山靖・則美の夫婦と数名のお針子で営む
小さな服飾メーカー。

100年を遡り今も残る 途方もなく時間をかけた仕立て
民族の持つ 身に纏うことへのストーリー
古き佳き時代に生きた人々への敬慕の思いを引き継ぎ
創ることへ..

縫い糸が切れても ほつれることのない短いスパンの糸目は
職人たちの誇りから学んだ
着る人へ向けた愛情と生真面目さ。

今の時代の中に
仕立て・ 着心地の良さを考え 生み出す服たちは
堅牢さとユニークなエッセンスをふくみます。

定番として 一型ずつ作り込む
大量生産とは真逆のスタイルでご紹介し続けるオリジナル服は
ひとつずつが力を持ち 末永く愛されると信じて
慌てず じっくりと生み出しています。

2012年に生まれたvolume sleeveシリーズは永遠の定番。

 

2017年
二年越しで 荒れ地の開拓をしながら、古家のリフォームをし、
SOJI BŌKEN (ソジボーケン)と名付けたショップをプレオープン中。
現在、オリジナルアイテムの展示販売をしております。
(オープンデイの詳細はこちらよりご覧下さい)

2018年1月の本オープンに向けて準備を進めています。

 

#
その昔、素敵! 美味しい! と
喜びを口ずさむ時に使われていた言葉 「スクランプシャス」
イギリスの古いフレーズSCRUMP”T”IOUSの
“T”を”C”への造語。屋号としました。


H I S T O R Y >>
……