—————虹の上を漕いで行く

星ヶ丘で過ごした二日間。
写真 1写真 2
大切と思っていた人やコトや場所や、そんなのが全てギュウと凝縮されて
なんだか世界でひとつしかない濃厚な蜂蜜が
舌の上にずっと ちょこっとのっているようだった。
例えが相変わらず食いしん坊になってしまうけど、
やっちゃんも私もいつも、 「美味しいなぁ・・」とシアワセにひたっていた二日間。
抱えきれないほどのものをもらって帰ってきました。
 NEC_0252
久しぶりの新幹線に、レンタカーで初めて走る道。

肩に力が入るほどの緊張感は、あたたかみの看板を見て 「あぁ 着いた〜」とホッとする。
はやる気持ち、松葉杖にリュック。二等兵並みの出で立ちで歩く歩く。
光のシャワーがお出迎え。
そう ここは本当に奇跡みたいな写真が撮れる場所。 写真 1

松葉杖を鳴らしながらギャラリーのある校舎をぐるりと回ると納屋が見えてきた。
何かを感じてくれた様に、カフェからたまちゃんがふらりと出て来てくれて、
「いゃ〜 もう そんなんな〜?」と松葉杖を見ていたわる様に肩をさすってくれる。
はぁ〜 着いた着いた。と 田舎に帰ったみたいに ホッとする….。
NEC_0273
自転車が2台。二人のいる合図。 ここにピンク色の自転車が並べば はまちゃんがいる合図。NEC_0269
洋裁教室とSEWING TABLE COFFEEの間には大きな桜の木があって、
陽射しが強くても、葉っぱが心地よい木陰を作ってくれる。
空を見上げると、桜を中心にいくつかの葉の形が相まっていて、
風が吹けば、そよそよとダンスをしているみたいに揺れる。
蚊取り線香のにおいも心地よく、ここは天国だなぁ・・なんて、
体中の力が抜けて、私たちはずっとフニャフニャしていたような気がする。
 写真 5
少しすると、切り絵作家のはまちゃんがやってきてくれて、
コロコロ転がる声でたくさんおしゃべりをする。
はまちゃんは、私が歩くと前に出て、
「のんちゃん ここ出っ張ってて危ないで〜 気ぃつけや〜」と、 ずっと気にとめてくれて、
優しさ満開で、本当に泣きそうになった。
何より、切り絵の展示をすぐに控えているのに 二日間たっぷりと・・
側にいてくれて、ご飯の準備もしてくれて 私たち、こんなにも人に優しくなれるかな。
優しくなりたいな。としみじみ思った。

NEC_0251

たまけんさんとたまちゃんご夫婦が日々営んでいるSEWING TABLE COFFEEは、
その日々の中に色んなものが詰まっていて、 それは楽しいことばかりじゃなくたって、
なんでも愉快にしてしまう力があるんだってこと。

ほんで、優しさがあふれまくっていることが、来る人々にも繋がっていくんだなぁ。と、
肌で感じることができた二日間。
この場所全てが お二人の素晴らしい作品みたいなんだなぁ と思う。
写真 1

最後の夜は、SEWING TABLE COFFEEを囲む愉快な仲間の皆さんが集ってくれて、
優子先生も一緒に、夜ご飯を原っぱで頂く。
まるで外国にいるみたいに美しいテーブルセッティング。

写真 1

みんなが持ち寄った、それはそれは美味しいご飯。念願のノブさんうどんも! NEC_0294
自己紹介と質問コーナーで盛り上がる。
けど、「落ち」を持ち合わせていない凸凹夫婦は、ひたすら真面目に答えたりして、
お笑い好き魂を奮えず、あんもうーー悔しい。と思う。
園長先生・たまけんさん・すがちゃん・かずみんさん・えゆうさん・
ブラザーさん はまちゃん・七重さん・ねーやん・のぶさん・たまちゃん
みんなの名前と顔が一致して、本当に嬉しかった。
また、今度はフラリと行くからね〜。 そうするからね〜。

−−−−−−−−−−−−−−
どこをどう切り取っても絵になる美しい場所は、写真を撮る手がとまりません。 写真 5
ハマちゃんが実家から届いたというものすごく粒の大きなぶどうをおすそわけ頂いた。
ものすごく大きいの。そしてものすごく美味しくて、こんなの初めて。
スッと、お皿に盛って出してくれた たまちゃん。 親戚の家にいるみたいに温かい。

写真 2
二日目の朝は、黒猫ちゃんが道案内。
相変わらず松葉杖にリュックの二等兵は颯爽とカフェに向うのであります。 NEC_0248
何気ないシーン。きれいだなぁ。
NEC_0261
私たちは、たまけんさんとたまちゃんの働く空気を感じていたくて
スタートの時間に合わせて、ホテルから星ヶ丘に向った。
たまちゃんは今日のケーキの準備。とても美しい姿だった。
たまけんさんは、裏からひょっこり顔をのぞかせて、
「おはようございますぅー」と。ニコリ。
念願だった、たまけんさんともたくさん話しができて、本当に嬉しかった。
凸凹夫婦、たまけんさんも大好きになった。
http://instagram.com/soseasew
NEC_0265
入り口にこんなにも美しい案内。 心の込め方にふれるとこっちもふるえる。 NEC_0226
やっちゃんは、今までの中で、一番素晴らしい裁縫時間を過ごした。 NEC_0283

NEC_0233

たまちゃん 千夏さんが飾ってくれた展示は 時代を経たこの場所に本当に素敵で
嬉しさがこみ上げてとまらなかった….

写真 5
本物の植物かと思うと、はまちゃんの切り出した植物。
息が吹き込まれたみたいに、風に揺れていた。

NEC_0254
優子先生が撮りためてくれた心の宿った写真たちは それはそれは美しかった・・ NEC_0255
このとても大きな写真集の装丁をしたのは製本家のマイマイこと坂本真衣子さん。
ぴっちりと綺麗な装丁には、マイマイの苦労と楽しみが詰まっていて感激しきり。
大きな写真集には、それぞれ千夏さんとヤンがタッセルを作った。 NEC_0262 NEC_0245
木漏れ日と共にファブリックキャンプのコーナー。
千夏さんの作った本は、どこかの国のアンティークの見本帳の様。 NEC_0247 写真 5
みんなが、たくさん服を着てくれて、持ち帰ってくれた。
足りなくなって、オーダーまで頂けた。まさかの嬉しさだった。
写真 3
サイフォンコーヒーに大好きなアントースト。今日はロールケーキ。
ちょこんとお花を添えてくれる心遣い。
そして、あらためて、たまちゃんの器たちが美しくて美しくて、それも美味しさ。 NEC_0302
夜の原っぱご飯の後、もう一杯、コーヒーを入れてくれるおもてなし。
えゆうさんが持って来た音楽祭の写真をみんなで見ながらワイワイ。
園長先生の瞬速のタブレット使いにツッコミ止まず。 笑

NEC_0276
たまけんさんの世界でひとつの船。 朝から聞こえたトンカンの音。大切すぎるもの。 写真 1
ありがとう ありがとう ありがとう またあう日まで。
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html