—————土

土に埋もれてしまったものを掘り出す。
スコップを土にさして、カンカンと音がすれば石。
石は階段として ここにあったもの。
上と下を繋ぐ小径として存在したもの。
IMG_0954発掘作業が続く続く

土を掘りながら 自分の心を掘りだしている
心に まだ眠っているもの
埋もれてしまったもの

土を掘りながら、一緒に掘り出しているようで
あぁ、健やかなりこのひととき

自分でやらにゃ わからんよ
想像も広がらんよ

重い荷を持って、上がったり下がったりする人
ほっとけなくなって一緒に上がったり下がったり
溶け合う

紙とペンを置いてみたら
見えるものがあるんだね

—————2016

IMG_0035

2016年の幕開け
それぞれに、それぞれの
新年をお迎えになられたことと思います。

笑っていますかー!!??

私達は、土の下に埋もれていた
石の階段を掘り起こしました。

今年は息づいていた日々を発掘します。

止まっていた時計のネジを巻いて
カチコチと正確なリズムを刻むよう
イッチニッ イッチニッと まずは自分たちが歩かねば。

皆さんに喜んで頂きたいな。
そんな一心です。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。

—————続くよどこまでも

art by odo kumiko hamada

art by odo kumiko hamada

子供の頃
新しい年が来ると
それまでのことがリセットされて
ゼロからスタートするのだと
清々しい気持ちで思っていた。

大人になった今
新しい年は
それまで生きてきた日々の上に
また新たな年輪を刻んでいくんだなと
感慨を持つようになった。

新しい年も また
笑顔を満開に
一緒に空を仰いでいけたら嬉しいです。

2015年支えて下さり
本当にありがとうございました

スクランプシャスの服を着て下さった皆さま
お針子として時間を歩み始めてくれた仲間たち

心からの優しさを下さった皆さま
静かに助けて下さった方

たくさんのお顔が浮かぶことに
感謝をしながら

2015年最後の日に感謝を込めて
中山靖・則美

————–枝葉

IMG_1736

暮れゆく海と空と向こう岸をポケ〜っと眺める
ほんの1分ほどの時間。
ここに暮らし初めてから毎日、日課のように繰り返してきた。
このわずかなひとときは
日々の慌ただしさを忘れて深呼吸ができる。

そして、いつも ほんの少しだけ考える。
どうしたいんだったっけ?
少しずつ伸び始めた枝に
この重い体をぶら下げていることに気づいて
ヒョイッと地面に飛び降り、伸びた木を見上げてみる。

根っこは頑丈かい?
木は傾いていないかい?

答えを出すには 自分に正直に。

両手を広げて倒れるほどに空を仰ぎ
ワ〜〜っとお腹から声を出す。

ひと呼吸ついて、伸びすぎた枝を整えたら
また、手のひらで小気味よくパンパンと木肌を叩き
ねぎらうような想いに浸る。
なんだか我が人生なのだな。